1本脚手すり『アイレ』について1(開発のきっかけ)


『アイレ』は、現場の声から生まれた商品です。
手すり工事で高齢者宅に伺うと、玄関ポーチや勝手口など、ほんのワンポイントに手がかりが欲しい、という声をよくお聞きしました。

屋外手すりは、支柱2本程度の短いものでも設置費含めてを5万円前後はする、案外価格の高い工事になります。
介護保険の住宅改修は、上限金額が20万円なので、室内の手すりを多く取り付けると外部手すりにまでコストをかけられなくなることがよくありました。

そうしたこともあり、一か所だけ手がかりを作り、費用も抑えられるように、金属を曲げて傘の柄のようにしたもの(写真上)を、現場では長く使っていました。ニーズも高く、ご案内すると設置を希望される方が多くおられました。

そこで、2段の階段など、カバーできるポイントをもう少し長くとれるように、専用設計して開発したものが『アイレ』です(写真下)。

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ にほんブログ村 ベンチャーブログ シニア起業家へ にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
*にほんブログ村に参加してます。クリック頂くと励みになります!
This entry was posted in 製品情報. Bookmark the permalink.