なければつくるしかない


前回、『アソビジネス』の実現には、人や組織に仕えていては難しいということを書きました。

晴れた日にはツーリングや旅行、写真撮影などに行き、雨が降ったら仕事をする…なんていうような生活はできるのかしら?と思ってしまいます。

自分の裁量で動けて、自分の時間が持てて、やりがいもあって、社会の役に立って、そして利益も得られる…そんなうまい話があるはずが…「ない」といってしまえば、そこで終わりです。
なければ、「ある」と信じてつくるしかない。

幸い、現代にはいくつかの武器があります。それを最大限に利用して、「ない」ものを「ある」にしたい。私としては、試行錯誤の途中ではありますが、できる範囲で挑戦を続けたいと思っています。

また、その「武器」や「戦略」も、本稿において、少しずつ世に問うていきたいと考えています。

This entry was posted in 60歳からのアソビジネス. Bookmark the permalink.